10号飾皿

¥350,000.00

Item Number :TZ-KT-0002

 

釉裏金彩とは磁器表面に金箔を貼りその上から釉薬を施す技法です。
吉田美統先生は薄い金箔を幾重にも切り貼りし濃淡や立体感をだし
まるで筆で描いたような写実的な作品を製作されております。
 
 

商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

  • 商品名 : 10号皿(釉裏金彩泰山木)
  • 作家名 : 吉田美統
  • 製造元 : in Ishikawa-ken
  • 寸法(径x高) : 32x5cm
  • 重量 : 2,785g

 
 

作家紹介

人間国宝 錦山窯 三代 吉田美統(昭和7年生まれ)

■国指定重要無形文化財釉裏金彩保持者
■石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会技術保持者
■日本工芸会正会員
平成4年石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会技術保持者に認定
平成5年ワシントン・スミソニアン研究機構サックラー美術館永久保存
平成7年日本陶磁協会賞受賞
平成12年第47回日本伝統工芸展保持者受賞
平成13年紫綬褒章受章 国指定重要無形文化財釉裏金彩保持者に認定
平成18年 旭日小綬章受賞

 


 

人間国宝について

人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。文化財保護法には「人間国宝」という文言はないが、重要無形文化財保持者を指して人間国宝と呼ぶ通称が広く用いられている。