Kutani ware (九谷焼 Kutani-yaki)

knowkutani

 

kutaniprocess

九谷焼とは

九谷焼の最も大きな特徴は、見るものを魅了する鮮やかさです。
石川県加賀市でつくられており、江戸の色絵・磁器に分類されます。
江戸時代初期の1655年から、磁器の名産地として全国に名を知らしめていました。
群青色の釉薬・呉須で線描きがなされ、更に「日本の油絵」とも評される五彩の絵の具で厚く色をつけています。
まるで大きな紙の上に描いているような大胆さと細部に宿る繊細さが印象的です。

 

九谷焼の歴史

九谷焼は、1655年江戸の初期、加賀の国江沼郡九谷焼村において
初めて焼成させたと言われています。以後、50年余りの間に焼かれたものが、
現在「古九谷」と呼ばれ、九谷焼の源流とされています。
その後、一旦閉じられた九谷の窯ではありますが、
約80年後、金沢に春日山窯が開かれ、古九谷の再現が試みられ、
再興九谷の時代に入りました。そこから、数十年の間に数多くの窯が出現し、
素晴らしい画風を作り出しました。そして、明治6年のウィーン万博をきっかけに
大量の九谷焼が貿易輸出され、「ジャパンクタニ」として世界にその名が広まることに
なります。現在でも、海外の著名な人々にも広く愛用されています。

 


 

Message

 

 

 



tm


 
 

関連商品