Shigaraki ware (信楽焼 Shigaraki-yaki)

knowkutani

 

kutaniprocess

信楽焼とは

天平時代に聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を造るにあたって、
瓦を焼いたのが始まりと言われ、日本六古窯の1つに数えられています。
信楽焼は、山あいの土地から良質な陶土が採れ、粘土が強く大物作りにも適し、かつ細工のし易い小物作りにも適し、
登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、
土と炎が織りなす芸術として“わび・さび”の趣を今に伝えています。
さらに、現在においては信楽焼は「たぬき」をはじめとする置物にも人気があり、日常に使う茶器や食器なども含め、
落ち着いたイメージの商品が多いことも大きな特徴です。

 

信楽焼の歴史

信楽は、工芸工科によると鎌倉時代中期に始まったと言われています。水瓶、種壺、茶壺、茶器、徳利、火鉢、
植木鉢など大物から小物に至るまでの幅広い製品群があり、信楽焼独特の「わび」「さび」を残しながら今日に至っています。
古代日本の歴史からみると、信楽は朝鮮文化の影響を受けて、日本文化の中心として栄えてきた近畿地方の中心にあり、
古代の主要道となっていたことや焼物に適した土がたくさんあったことから、当時の天皇が宮を造営するには理想的な土地だったのです。

 

マイナスイオン_バナー02

 

信楽焼のお取り扱いについて

ひとくちに信楽焼と言っても、さまざまな商品があります。
そのどれもが伝統の技に支えられ、焼き物の可能性を追求した陶器です。
陶土と呼ばれる粘土を主原料とし、その持ち味を最大限に活かした風合いは
陶土と炎が織り成す絶妙なバランスによって生まれます。
信楽焼ならではの、深い味わいをお楽しみください。

・ 商品よっては表面及び内面のザラツキ等にご注意ください。

・ 信楽焼の土は荒土が特徴で吸水性があるため、長時間水分を入れたまま放置されますと、
底部から水分がにじみ出る場合がありますのでご注意ください。

・重量のある商品は設置及び取り扱いに充分ご注意ください。また底面処理をしておりますが、
設置場所によっては万一に備え、敷物や保護材等をお使いください。

 


 

Message

 

 


 

Related Products