Edo Wind Chimes (江戸風鈴 Edo-Furin)


 

江戸風鈴

風鈴は中国の占いで使われた「占風鐸(せんぷうたく)」という道具が起源とされ、日本には仏教などとともに「風鐸」として渡来します。初めは、お寺の境内の軒先の四隅に厄除けとして使われ、その音が聞こえる範囲の住民には災いが起こらないといわれました。その頃の風鈴は青銅製が中心でしたが、江戸時代、享保年間(1700頃)に入ると新たにガラス製の風鈴が登場します。当時のガラス風鈴は非常に高価で幣価値で大名や豪商たちの屋敷に飾られ、庶民には手が届かないものでした。風鈴が夏の風物詩になったのは、ガラスの価格が安くなった明治年間だと言われますが、江戸時代中頃の浮世絵では浴衣を着て縁側に涼んでいる美人の上に風鈴が見られます。
風鈴の音を聞くと心が癒やされますが、これは科学的にも検証されており、人間が心地よいと感じる「ゆらぎのリズム」と風鈴の音色が一致しているためです。
江戸風鈴は、その江戸時代から続くガラス風鈴の歴史を引き継ぎ昭和40年頃に風鈴職人の篠原儀治氏が登録したブランドで、創業100年の歴史を持つ篠原風鈴本舗と、篠原まるよし風鈴の製作されたものだけが名乗ることができます。
 


 

 

Message

 


 
 

関連商品