Edo Glass (江戸ガラス Edo-Garasu)


 

江戸ガラスとは

江戸時代からの伝統を受け継ぎ、出せる独特の味わいや深み、デザイン性などを持った製造された手作りのガラス製品を江戸ガラスと呼びます。本来の江戸ガラスは機械による大量生産品とは異なり、製品のひとつひとつを職人が丹精込めて作り上げたオリジナルの1点もの製品で、経済産業省が定める伝統的工芸品としても指定されています。この江戸時代に生まれた製法を正統に継承したガラス製品を「江戸ガラス」、さらに江戸ガラスに切子(模様)を加工した製品のことを「江戸切子」と言われます。
日本のカットグラスは日本人の手によって製作された歴史はずっと新しく、正倉院にある白瑠璃碗をはじめ古代のものはいずれも輸入品で、1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に切子細工の彫刻を施したのが、我が国におけるカットグラスの始まりと伝えられています。
tenzouではお買い求めやすさという点から広く、優れた日本製のガラス商品を紹介しています。作り手が込めたガラスへの思いと使い手への優しさは、手にしやすい製品にも明確に息づいています。

 


 

関連商品